三十路ボンバイエ
ケツメと星が大好きな独身・三十路女のブログです。。。。 今年は料理とゴルフを頑張りま~す☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆1リットルの涙☆
昨年放送されたこのドラマ
途中を観てなかったのでもう一度おさらいしようと
TSUTAYAへ。
そしたらやっぱりかなりの人気で
全部借りるのに何度足を運んだことか・・・

観られた方も多いと思いますが
毎回涙・涙で、気付けば
自分がものすごい顔になってます。

主人公亜也ちゃんはもちろんのこと
周りの家族・友達・先生がとても暖かくて優しくて
みんなが体当たりで一生懸命ってところが
痛いほど突き刺さります。

錦戸亮くんが演じた麻生君。
彼の大人びたさりげない優しさと
バックに流れるレミオロメンの音楽。
薬師丸ひろ子演じる聡明なお母さんと
陣内孝則演じる情が厚くて明るいお父さん。
みんなの個性が強く丁寧に描かれていて
音楽共々ドラマをより深いものに仕上げてます。

美輪さんがオーラの泉で言われてました。
人間は自分の幸せを数えて生きるべきだと。
五体満足な事、歩ける事
美味しい料理が食べれる事etc・・・
それらを当たり前な事だと思わずに
一つ一つに幸せをかみ締めて数えてみると
幸せが山ほどあって
自分はなんて幸せな人間なんだと
明るく、前を向いて歩けるようになる。

このドラマを観て
美輪さんの言葉を思い出しました。

ドラマを観てない方
思いっきり泣きたい方
秋の夜長におススメです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。